書評:ザッポス伝説

ザッポス伝説を勧められたので、電車の中で読み、昨日読了した。

ザッポスは、靴のスタートアップでCEOは台湾の日系アメリカ人と勘違いしていたが、実はハーバードの台湾系のアメリカ人のようだ。

この本、ページ数が400くらいあり、ボリュームが結構あるのだが、中身は面白かった。経営者の本の中では最も面白いと言っても過言ではないほど。
印象に残ったところは P65.
> どうやって顧客から注文を取るのか、私たちには作戦がありました。まず、ウェブサイトを無料で制作すると地元の商工会議所にアプローチします。次に、(一銭ももらっていないとは言わずに)商工会議所が顧客だと地元企業に話し、できるだけたくさんの地元企業と契約を結べば、お金はすぐにも転がり込んでくるという考えでした。

P.67
>モールと契約できれば、モール内にある各店舗に営業をかけて、モールが契約したのだから各店も右に倣うべし、と説得しやすくなるからです。

頭いいですね。成功している人の話を聞いた方が圧倒的に効率がいいと思いました。

P.111
>ザッポスの社員となった翌日、私はラスベガスで開催されたWSA(ワールドシューアソシエーション)主催の靴の展示会に行きました。
展示会なら飛び込みする必要がない

P.116、117、118
-着くテーブルを選ぶのは、自分で決められる最も重要なこと
-着いたテーブルで勝ち目がないとわかったら、テーブルを替わっても構わない
-強い手なら弱く見せ、弱い手なら強く見せる
-リスクが最小ではなく、期待値が大きいものを選ぶ
-長い目でみるゲームであることを忘れない。重要なのは最終結果である。

-ゲームの仕方を理解しないでゲームをしないこと
-スタミナと集中力が最もあるプレーヤーがたいてい勝つ
-希望を抱くな
-アドバイスを恐れない事

P.155
-謙虚であれ

P.168
カスタマー・サービスをザッポスの中心にとらえました

P.176
在庫の獲得

P.350
講演活動をしなければ決して起こらなかったでしょう

非常にクレバーですね。
>強い手なら弱く見せ、弱い手なら強く見せる
これは最近のテーマでもあります。「女で馬鹿っぽいのはただの馬鹿ではない」とよく言いますが、これは心理を突いてますね。

そして、本を読んで最も驚いたのは、訳者が「本荘修二」さんだったこと。ああああああああああああああああ
そういうことか。すげーびっくりした。
スタートアップコミュニティで本荘さんを知らない人はいないでしょう。

といことで、ザッポスというサイトがなかったので、生まれて初めてアマゾンでスニーカーを注文してみました。

preferred networkという会社

AIの会社だと、PKSHA Technology、abeja、そしてもう一つが、このpreferred networkらしい。
なるほど。名前は聞いたことある。

で、場所は大手町ビルディング

なんだ、みずほと読売新聞の間にあるこの低層階ビルは??

dav

築何年かわかりませんが、相当古そうです。えらいところに来てしまったな。。。
で、preferred networkは3F
大学の研究室みたいな雰囲気だな。。とても最先端のことをやっているとは思えない。。

でも、案外いいかも。
やっぱベンチャーはこうでなきゃ。
割と好きです。

で、肝心の採用情報
https://www.preferred-networks.jp/ja/jobs/engineer

あああああああああああああああああああああ、かなり細分化されてる。。。

-ASIC
Implementing algorithms in RTL

– planning
Research for planner modules of autonomous driving

– Bioinformatics
Analysis of biological and/or medical data (NGS, microarray chip, medical image)
# ほー医療分野やってるんだ。。

– Chainer / Optuna
Chainer/Optuna (PFNが開発する深層学習フレームワーク) 開発チームのメンバー
# このチームは面白そう。。

-robotics
Research and development for robots with machine learning or motion control of robots

– Computer Vision for Robot
コンピュータ(ロボット)ビジョンにおける画像・映像処理エンジンのアルゴリズムを開発する

– Factory Automation
工場自動化(ファクトリーオートメーション)の問題を、機械学習・データ分析によるアプローチを用いて効率的に解く手法の開発および実装
# ファナックみたいなこともやってんのか。

– HPC Application Development
Developing compilers and compiler optimizations for our in-house developed accelerators
# ん?コンパイラ?

– Infrastructure (Software)
社内エンジニアリング環境の管理者として、国内最大規模の GPU クラスターをはじめとした社内環境の運用整備・研究開発
# ただのインフラエンジニアとは全然違うな、これは。

– Machine Learning Applications / Optimization / Data Science
Research and development (R&D) of methods that solve real-world problems over various fields and industries efficiently using machine learning and data analysis
# きました、心臓部

– Medical image analysis
機械学習・深層学習を活用した医用画像診断支援ソフトウェアの開発・実用化
# なるほど、deeplearningも基本的に画像認識系が多いな

– Middleware for ML Cluster
Research and development of efficient job scheduler for ML and its scheduling algorithm
# イマイチ謎のポジション

– Personal Robot / Manipulation (Software)
Development of an manipulation algorithm for personal robots
# ここは機械学習ってより、ロボット開発に近いか。。

– Personal Robot / Vision
Development of an efficient data collection system for machine learning
# なるほど、別チームで開発した方が効率がいいのね。

– Physical Infrastructure for Large Scale Distributed Deep Learning / Calculation Platform Development and Operation
先端技術を利用した自社高速計算基盤及び高速ストレージ基盤等の開発および運用
♯ 機械学習に特化せず、OSなどハードウェアの開発研究も行っているのはいいことだね。

– Speech / Signal / Dialog / Multimodal Processing
Design and implement technologies and applications for human robot interaction.
Solve real world problems in multi-modal/physical environment mainly based on speech.
# きたーーーーーーーーーー speech recognition. なるほどね、医療業界の開発も併せてやる理由がわかったわ。自然言語処理とかだけでなく、人間の生体の研究と機械学習は親和性があるからね。

– System Programming
Low-level software development for an in-house developed custom compute chip
# low-level softwareって、どのレベルまで言ってる?プログラミング言語の開発とか、その辺も含まれている?

– Thermal Design
To develop High performance and effective cooling technology for FPGA/ASIC
# これはよーわからんな。産業界からの要望っぽい臭いがする。

– UI/UX Design for Robotic Systems
Development of GUI and control panels for robotic systems
# ロボットはかなり自社開発に力入れてんな。ニーズがあるんだろうか。

– Vision Systems
Requirements specification, optimisation, standardisation, and deployment of CV systems
# computer visonのRDに近いか。

– VR / AR
Research and development on human-computer interface / human-robot interface using VR/AR
# まあ、一緒にやってます、って感じだろう

– Web Application Development
ウェブフロントエンド技術が使われるアプリケーションの製品開発やプロトタイピング。
# 当然、ウェブエンジニアも必要ですな。

computer vision系
深層学習を用いた画像・映像処理アルゴリズム
位置合わせ技術など仮想空間と実空間をつなぐ技術に関する専門知識・実装経験
光学に関する専門知識・その知識を生かした実務経験
Visual SLAM、Visual Odometry、3D Reconstruction
産業用カメラ、3Dスキャナ、各種センサ機器の利用経験・専門知識
簡単なデバイスの試作・プロトタイピング

結論、この会社、滅茶苦茶やばいな。マジ凄え。
未上場。
これ、俺もやりてー
ビジネス設計が尋常じゃないな。遊んでる場合ではない。
さーどーする、俺。

シグマクシスという会社

まず、時価総額250億
売上130億、営業利益12.7億

東京都港区虎ノ門 4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス
-> 虎ノ門タワーズって、虎ノ門ヒルズと名前が似てるな。オークラの目の前。神谷町は悪くないけど、どちらかというとスーツ着てるひと多くエンジニア人口は少なそう。

事業内容がコンサルティングってあるけど、機械学習の開発せずにコンサルだけなんてできるんだろうか?

主な株主
株式会社インターネットイニシアティブ、株式会社インテック

よくわからんから、採用情報を見てみましょう。

デジタルエンジニア
>AI、IoT、Robotics(パーソナルアシスタントロボット、次世代サービスロボット、AGV等)、データアナリティクスに関する各社のソリューションを活用したシステムアーキテクチャを設計し、自身でPoCのためのシステム環境構築・コーディングを行い、実証することができるエンジニア。

以下のいずれかの経験がある方を歓迎。
Sier等でのアプリ設計・開発経験
プログラミング経験(Python, Java)

特に以下に該当する方を歓迎。
GitHub等で自らのコードを公開している
AWS, Google Cloud, Azure等のクラウド上で動くサービス・システムをシステムアーキテクトとして開発した経験
Webサービスを利用するソフトウェアを自ら詳細設計・開発した経験

これは全然だめだ。自社開発してないな。
パス。

モルフォという会社を見てみよう

なんかよくわらんが、画像処理の会社っぽいな。
代表わかいな。というか、ここも東大出身か。。

千代田ファーストビル東館
神保町と水道橋の近く。なんか、このあたりって、出版社や古本屋が多くて、IT系の企業としてはオフィスを構えずらいけど、パークシャもそうだけど、AI開発って、なんでこういう土地柄を好むんだろうか?自然言語処理などをやると、自然と、こういう活字ビジネスと近い現場に置きたい、という心理だろうか。。Computer visionなり、画像処理系でも、渋谷でもいい気がするけど。。

で、おなじみ、採用情報
https://www.morphoinc.com/careers
何? 英語だ。なるほどね。

>社⻑直下のCTO室にて、最先端の画像処理技術とDeep Learningを応⽤し、以下のような技術の研究開発を⾏います。
Computational Photography:
⼿ぶれ補正
HDR
超解像
パノラマ撮影
ノイズ除去
デブラー
フレーム補間
Deep Learning:

奥行き推定
画像分類
物体検出
顔認識
OCR
外観検査
1枚超解像

ほー、面白そうね。Pythonでやってるな。

>プロジェクトマネジメントや実装ではなく、モルフォの全プロダクトのコア部分のアルゴリズムを開発する事がミッションです。 基本的に1年~2年以内に実用化できるテーマを扱います。 各事業部と連携して進めるプロジェクトも多く、顧客との距離が非常に近いです。 画像処理や機械学習を中心に、組織横断で週1回ペースで社内勉強会を開催しています。
やっぱり、技術力が評価されている会社は、プロジェクトマネジメントではなく、アルゴリズムそのものを開発してますね。
参考になります。つまり、これからの時代、競争力を保つにはアルゴリズム周りの勉強をしていかないと駄目、ってことか。ぼんやりとですが、方針が見えてきましたね^^

PKSHA TECHNOLOGYという会社

PKSHA TECHNOLOGY
ホームページを覗いてみましょう
pkshatech
代表取締役 上野山 勝也

外資系大手コンサルティングファームの東京/ソウルオフィスにて BI 業務に従事。その後、大手ネット企業の米国シリコンバレーオフィス立上げに参画し、ウェブプロダクトの大規模ログ解析業務に従事。松尾研究室にて博士(機械学習)取得後、2012年、PKSHA Technology 創業。 松尾研究室 助教を経て、現在代表取締役。

役員みると、松尾ゼミの方が多い。

■住所
東京都文京区本郷 2-35-10 本郷瀬川ビル
東大のキャンパスのすぐ近く。本郷通よりやや水道橋より。住宅街で後楽園まで出ないと近くに何もない。いいのはNewYorkers cafeぐらいかな。

■沿革
アルゴリズムモジュール「予測モジュール_Predictor」を開発
アルゴリズムモジュール「行動解析モジュール_Logger」・「強化学習モジュール_Agent」を開発
アルゴリズムモジュール「推薦モジュール_Recommender」を開発
アルゴリズムモジュール「異常検知モジュール_Detector」を開発
アルゴリズムモジュール「テキスト理解モジュール_Dialogue_1」を開発
アルゴリズムモジュール「画像/映像解析モジュール_Recognizer」を開発
アルゴリズムモジュール「対話理解モジュール_Dialogue_2」を開発
中身見ると、いかにも機械学習系のアルゴリズムっぽいですね。

■プロダクト
>パークシャ(PKSHA)テクノロジーは機能特化型のアルゴリズムモジュールを複数開発しており、それらを様々なソフトウエア・ハードウエアのコア機能・サブ機能としてご利用いただけます。また、アルゴリズムモジュールを複数組み合わせることにより、多様なニーズに応えるアルゴリズムを柔軟かつ迅速にご提供いたします。
うーん、なんというか、アルゴリズムに特化しすぎているような印象があるが、これでビジネスはスケールするんだろうか?

■採用情報
– アルゴリズム・エンジニア
コンピュータビジョン・自然言語処理・深層学習等を用いた、各種アルゴリズムの開発に携わっていただきます。
当社では、独自性の高いデータを有する様々な企業との事業提携を行いながら、
他社が追随できない機械学習システムの実現を目指しています。
深層学習をはじめとする各種機械学習手法を武器として、様々な角度から困難な課題に果敢に挑み、
次世代のプロダクト、サービス、ビジネスを作り出していきたい方を募集します。

・次の分野に関して研究・開発の経験をお持ちの方
 :機械学習、画像認識(画像、動画)、自然言語処理、数学、物理学、数理科学、コンピュータサイエンス、コンピュータグラフィックス、画像処理、ロボティクス、制御工学
・関連分野での研究に従事している方
・関連分野での論文誌もしくは国際会議での発表経験
・関連分野での特許取得の経験・実績
・Kaggle、および競技プログラミングでの上位入賞実績

・C/C++, Python
・Tensorflow, Keras, Caffe, MXNet, scikit-learn

– ソフトウエア・エンジニア
Amazon Web Services / Ruby on Rails / MySQL・PostgreSQL / git + GitHub によるコード管理 / Pull Request Driven な開発 / 集中スペースあり

おいおいおい、ソフトウェアエンジニアの募集要項は、全然普通じゃねーか。どうしたパークシャ。なんか、イメージでは、ソフトウェアエンジニアも機械学習わかってないといけない気がするんだが、大丈夫か?これは勝機ありか??アルゴリズム開発と分ける必要全くないだろwww というのが所見。

■決算
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS81483/7b6a7e4b/f61f/418c/8846/379fdced02b7/20181114212904194s.pdf
売上:14億
営業利益:6億
資料みると、さすがコンサルっぽいな。資料は抜群に上手い。すげえ。

■クライアント例
東京電力、ドコモ、デンソー
あれ?デンソーって、トヨタの自動運転作ってなかったっけ?てことは、間接的にトヨタにも関わってるってことかよ。

■株価
6,270円、時価総額 約1600億
ちょっと、売上14億・利益6億で1600億は、あまりに時価総額高すぎんな、これは買えない。。期待大きすぎ。
ってか、これで1600億なら、絶対頑張れば狙えそうな気がする。

Github japan

Github japan
PMOビル 
大門から歩いて7~8分くらい。東京タワーの目の前。しかし、お世辞にもいい場所とは言えないな。何故、浜松町?渋谷、六本木、新宿などの方がしっくりくるんだが。。と、オフィスとしてはあまりいいとこナシのGithub japanでした。

dav
dav

秋葉原 クラスメソッド本社

秋葉原好きなエンジニア多いよね。

駅から歩いて4~5分

dav

dav

なんか、観光の外人多いし、ビジネスやるには落ち着かないなー。
働いている人は面白そうだけど、環境はイマイチか。

プロジェクトマネージャー(AWSインテグレーション)
https://classmethod.jp/recruit/jobs/aws-integration-project-manager/
今の時代、awsだけやるってのはちょっとリスクあるなー

twilio

Twilioは音声通話、メッセージング(SMS/チャット)、ビデオなどの様々なコミュニケーション手段を、 アプリケーションやビジネスへ容易に組み込むことのできるクラウドAPIサービス

とりあえず、composerで入れてみます。

[vagrant@localhost app]$ php coposer.phar require twilio/sdk
Using version ^5.23 for twilio/sdk
./composer.json has been updated
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
Package operations: 2 installs, 0 updates, 0 removals
– Installing dg/rss-php (v1.2): Downloading (100%)
– Installing twilio/sdk (5.23.1): Downloading (100%)
Writing lock file
Generating autoload files