Laravelアプリケーション開発の進め方

どのような流れで開発していけばいいか。DBのテーブル、モデル、フロントは出来ている前提。

1. make artisanでControllerページ作成
2. Controllerにfunctionを書く
3. Routingを設定
4. Controllerに処理を書く
5. Viewを書く
6. バリデーション

つまり、Controllerをつくって、routingして、Viewを書いて、Controllerの処理を編集していく。

あ、小俣さんの会社も上のようなホワイトボードにcontrollerの流れを書いてた。。

Laravel5.7 ControllerからMySQLへupdate, delete

DB::updateで、update文を書けばOKです。

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use Illuminate\Support\Facades\DB;
use App\Account;

class AccountController extends Controller
{
    //
    public function index()
    {
    	// $account = Account::first();
    	// dd($account->login_id);
    	DB::update('update account set login_id = "adminUser" where id = ?', ['1']); 	
    }
}

deleteの場合

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use Illuminate\Support\Facades\DB;
use App\Account;

class AccountController extends Controller
{
    //
    public function index()
    {
    	// $account = Account::first();
    	// dd($account->login_id);
    	DB::delete('delete from account where id = ?', ['2']); 	
    }
}

Laravel5.7 ControllerからMySQLへレコードインサート

公式ドキュメントにならって、Controllerから接続しているDBにinsertしたいと思います。

公式ドキュメントhttps://readouble.com/laravel/5.7/ja/database.html

AccountController.phpからaccount tableに入れたいと思います。Http\RequestとApp\Accouontは特に使っていませんmm

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use Illuminate\Support\Facades\DB;
use App\Account;

class AccountController extends Controller
{
    //
    public function index()
    {
    	// $account = Account::first();
    	// dd($account->login_id);
    	DB::insert('insert into account(login_id, company_id) values(?, ?)', ['user1', 0001]);		
    }
}

mysql側でinsertされているか確認します。

入っているようです。OKかな。次は、recordをdeleteしたいと思います。

Laravel5.7でコントローラーからモデルの呼び出し

大まかな流れです。Controllerからのモデルの呼び出しは、Controllerでモデルを引っ張てくればいいだけです。

1. SeederでMySQLにデータを入れる
2. MySQLにデータが入っているか確認する
3. Controllerを作成する
4. Routingで作成したコントローラーの設定をする
5. Controllerでモデルを呼び出す
6. Viewの確認

Controllerの作成から見てみましょう。
1. php artisan make:controllerでコントローラーを作成する
AccountControllerをつくります。

[vagrant@localhost zeus]$ php artisan make:controller AccountController
Controller created successfully.

するとapp/Http/Controllers 配下にAccountController.phpが作成されます。
AccountController.phpの中身は以下の通りです。後程、モデルを呼び出す際に編集していきます。

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

class AccountController extends Controller
{
    //
}

2. Routingで作成したコントローラーの設定をする
routes/web.phpを編集していきます。ホーム(“/”)にGetリクエストがあった場合に、AccountController@indexを呼び出すよう書きます。

/*
|--------------------------------------------------------------------------
| Web Routes
|--------------------------------------------------------------------------
|
| Here is where you can register web routes for your application. These
| routes are loaded by the RouteServiceProvider within a group which
| contains the "web" middleware group. Now create something great!
|
*/

// Route::get('/', function () {
//     return view('welcome');
// });
Route::get('/', 'AccountController@index');

3. Controllerでモデルを呼び出す
まず、use App\Accountで、Accountモデルを呼び出すと定義し、Account::first();を変数に格納します。$account->login_idで呼び出します。

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use App\Account;

class AccountController extends Controller
{
    //
    public function index()
    {
    	$account = Account::first();

    	dd($account->login_id);
    }
}

4. php artisan serveでサーバーを立てます
[vagrant@localhost zeus]$ php artisan serve –host=192.168.35.10
Laravel development server started:

5. viewで確認する
ブラウザでhttp://192.168.35.10:8000/にアクセスする
mysqlからデータをひっぱてきています。

OK!
テーブルごとにモデルを作る必要があるか。

Laravel5.7でClass ${class_name} does not exist

コマンドラインでシーダーを実行しようとすると、Class ${class_name} does not existのエラーが出た時の対処法。

[vagrant@localhost zeus]$ php artisan db:seed
Seeding: AccountTableSeeder

   ReflectionException  : Class AccountTableSeeder does not exist

  at /home/vagrant/local/zeus/vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Container/Container.php:779
    775|         if ($concrete instanceof Closure) {
    776|             return $concrete($this, $this->getLastParameterOverride());
    777|         }
    778|
  > 779|         $reflector = new ReflectionClass($concrete);
    780|
    781|         // If the type is not instantiable, the developer is attempting to resolve
    782|         // an abstract type such as an Interface of Abstract Class and there is
    783|         // no binding registered for the abstractions so we need to bail out.

  Exception trace:

  1   ReflectionClass::__construct("AccountTableSeeder")
      /home/vagrant/local/zeus/vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Container/Container.php:779

  2   Illuminate\Container\Container::build("AccountTableSeeder")
      /home/vagrant/local/zeus/vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Container/Container.php:658

  Please use the argument -v to see more details.

1.DatabaseSeeder.phpと読み込むclassが存在するか確認する

use Illuminate\Database\Seeder;

class DatabaseSeeder extends Seeder
{
    /**
     * Seed the application's database.
     *
     * @return void
     */
    public function run()
    {
        $this->call([
		AccountTableSeeder::class,
	 ]);
    }
}
use Illuminate\Database\Seeder;

class AccountTableSeeder extends Seeder
{
    /**
     * Run the database seeds.
     *
     * @return void
     */
    public function run()
    {
        //
        DB::table('account')->insert([
            'login_id' => str_random(10),
            'company_id' => '001',
        ]);
        //
    }
}

問題ない。何故だ?

composer dump-autoload で直る
コマンドラインでたたきます。

[vagrant@localhost zeus]$ php composer.phar dump-autoload
Generating optimized autoload files
> Illuminate\Foundation\ComposerScripts::postAutoloadDump
> @php artisan package:discover
Discovered Package: beyondcode/laravel-dump-server
Discovered Package: fideloper/proxy
Discovered Package: laravel/tinker
Discovered Package: nesbot/carbon
Discovered Package: nunomaduro/collision
Package manifest generated successfully.

改めてphp artisan db:seedとすると、今度は上手くいくのがわかります。

[vagrant@localhost zeus]$ php artisan db:seed
Seeding: AccountTableSeeder
Database seeding completed successfully.

Good Job!

Laravel5.7のseeder

シーダー?
シーザーサラダのことでしょうか? シャキシャキした機能?

とりあえず公式ドキュメントを見てみます。
https://readouble.com/laravel/5.7/ja/seeding.html
「テストデーターをデーターベースに設定するシンプルな方法」と記載があります。なるほど、seed(種)から派生しているのです。それならseedと言ってくれればいいのに。。

それはさておき、/database/seeds/ 配下に設置されます。

シーダークラスの定義
make:seeder tablenameでAccountTableをつくります。

$ php artisan make:seeder AccountTableSeeder
Seeder created successfully.

make:seederでAccountTableSeeder.phpが作られたので、中のソースコードを見てみます。

runの部分で挿入するテーブルを指定して、レコードをinsertしてきます。

use Illuminate\Database\Seeder;
class AccountTableSeeder extends Seeder
{
    /**
     * Run the database seeds.
     *
     * @return void
     */
    public function run()
    {
        //
    }
}

thinkerもあるので、seederを使うメリットがイマイチわかりません。

public function run()
    {
    	DB:table('account')->insert([
    		'login_id' => str_random(10),
    		'company_id' => ''

    	]);
        //
    }

シーダの実行
[vagrant@localhost zeus]$ php artisan db:seed
Database seeding completed successfully.

mysqlでデータを見てみます。

select * from account で見ても、empty set。何故だ?

Laravel5.7でモデル(model)を使ったデータベース操作

Laravel5.7でモデル(model)を使ったデータベース操作をやりたいと思います。Laravelではモデルを通してDBのデータ操作を行います。なお、DBとモデルオブジェクトを対応付ける機能をEloquentという。

php artisan make:model によるmodelの作成
ドキュメントを斜め読みしていましたが、一向に理解が深まらないので、まずmodelを作ってみます。Accountというモデルを作成します。

php artisan make:model ${model_name}

[vagrant@localhost zeus]$ php artisan make:model Account
Model created successfully.

すると、appディレクトリ配下に${model_name}.phpが作られます。

Laravel5.7でviolation: 1071 Specified key was too long; max key length is 767 bytes

Laravel5.7でphp artisan migrateしようとしたら、以下のようなエラー文が吐き出された時。

 Illuminate\Database\QueryException  : SQLSTATE[42000]: Syntax error or access violation: 1071 Specified key was too long; max key length is 767 bytes (SQL: alter table `account` add unique `account_login_id_unique`(`login_id`))

  at /home/vagrant/local/zeus/vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Database/Connection.php:664
    660|         // If an exception occurs when attempting to run a query, we'll format the error
    661|         // message to include the bindings with SQL, which will make this exception a
    662|         // lot more helpful to the developer instead of just the database's errors.
    663|         catch (Exception $e) {
  > 664|             throw new QueryException(
    665|                 $query, $this->prepareBindings($bindings), $e
    666|             );
    667|         }
    668|

  Exception trace:

  1   PDOException::("SQLSTATE[42000]: Syntax error or access violation: 1071 Specified key was too long; max key length is 767 bytes")
      /home/vagrant/local/zeus/vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Database/Connection.php:458

  2   PDOStatement::execute()
      /home/vagrant/local/zeus/vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Database/Connection.php:458

  Please use the argument -v to see more details.

どうしてーー?

よくみると、SQL: alter table `account` add unique `account_login_id_unique`(`login_id`)とあり、login_idがおかしいと書いています。

$table->string('login_id')->unique();

原因
MySQLのver5.7.7以前の場合、テーブルのindexに指定できるデータ長は最大767byteで超えてしまっているからのようです。
laravelのデフォルトcharsetは”utf8mb4″で、1文字あたり4byteの領域が必要な為、varchar(255)で格納する列を作った場合255*4=1020byteになるからです。

varchar(string)のデータ長を191byteにすれば、191*4=764で767byteに収まるようになります。

app/Providers/AppServiceProvider.phpを開きます。

function boot()の中に以下の一文を追加します。
\Illuminate\Support\Facades\Schema::defaultStringLength(191);

namespace App\Providers;

use Illuminate\Support\ServiceProvider;

class AppServiceProvider extends ServiceProvider
{
    /**
     * Bootstrap any application services.
     *
     * @return void
     */
    public function boot()
    {
        //
        \Illuminate\Support\Facades\Schema::defaultStringLength(191);
    }

    /**
     * Register any application services.
     *
     * @return void
     */
    public function register()
    {
        //
    }
}

もう一度php artisan migrateします。
[vagrant@localhost zeus]$ php artisan migrate:fresh
Dropped all tables successfully.
Migration table created successfully.
Migrating: 2018_11_18_195714_create_account_tables
Migrated: 2018_11_18_195714_create_account_tables
Migrating: 2018_11_18_204842_create_password_history_tables
Migrated: 2018_11_18_204842_create_password_history_tables

できたー

Laravel5.7でmigrationによるテーブル作成手順

おおまかな流れです。
1. データベース設計(Excel、ER図など)
2. MySQLでデータベースを作成(create database ${database name})
3. .envファイルの編集
4. migrationファイルの作成(php artisan make:migration)
5. エディターでyyyy_mm_dd_hhmmss_{table name}_table.phpの編集
5-1. 作成するカラムを書く
5-2. 必要に応じてカラム修飾子をつける
5-3. 必要に応じてインデックスをカラムに貼る

6. migrateの実行(php artisan migrate)

さあやってごらん。

えー そういわれても。。。
ということで、1.データベース設計、2.Mysqlのデータベース作成、3. .envファイルの編集はできている前提で、4以降のmigrationファイルの作成から、5.カラムの追加、6.migrationの実行まで細かく見ていきたいと思います。

サンプルとして、”exam”というテーブルを作りたいと思います。
sqlだとこうなります。

create table exam(
  id INT AUTO_INCREMENT,
  manu_id INT,
  judge CHAR(1),
  created_by INT,
  created_at DATETIME,
);

Lets go!

1. migrationファイルの作成
–create=${table name}として、オプションでtable名を指定します。

[vagrant@localhost zeus]$ php artisan make:migration create_exam_tables --create=exam
Created Migration: 2018_11_18_112643_create_exam_tables

2. エディターでyyyy_mm_dd_hhmmss_create_exam_table.phpの編集
/database/migrations のディレクトリ配下にmake:migrateで以下のようなファイルが生成されています。この中で、16行目のSchema::createのfunction(Blueprint $table){}の中にカラムを指定していきます。

use Illuminate\Support\Facades\Schema;
use Illuminate\Database\Schema\Blueprint;
use Illuminate\Database\Migrations\Migration;

class CreateExamTables extends Migration
{
    /**
     * Run the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function up()
    {
        Schema::create('exam', function (Blueprint $table) {
            $table->increments('id');
            $table->timestamps();
        });
    }

    /**
     * Reverse the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function down()
    {
        Schema::dropIfExists('exam');
    }
}

3. 作成するカラムを書く
使用するカラムは公式ドキュメントを見ながら編集していきます。
https://readouble.com/laravel/5.7/ja/migrations.html
今回はINT->integer, CHAR->char, DATETIME->timestampsで記載していきます。

public function up()
    {
        Schema::create('exam', function (Blueprint $table) {
            $table->increments('id');
            $table->integer('manu_id');
            $table->char('judge');
            $table->timestamps('');
        });
    }

4. 必要に応じてカラム修飾子をつける
‘id’にAUTO_INCREMENTを付けます。
こちらも、公式ドキュメントを参考にします。
https://readouble.com/laravel/5.7/ja/migrations.html

public function up()
    {
        Schema::create('exam', function (Blueprint $table) {
            $table->increments('id')->autoIncrement();
            $table->integer('manu_id');
            $table->char('judge');
            $table->timestamps('');
        });
    }

5. 必要に応じてインデックスをカラムに貼る
今回はナシ

6. migrateの実行(php artisan migrate)
[vagrant@localhost zeus]$ php artisan migrate
Migrating: 2018_11_18_112643_create_exam_tables
Migrated: 2018_11_18_112643_create_exam_tables

7. MySQLで確認
期待したテーブル、カラムが作成されたかmysqlのdescribe examで確認

出来たぞー

idはちゃんとprimary key, autincrementになってます。
これを応用して、テーブルを作っていきましょう♪ (私はこれから10個位テーブルを作ります)

laravelのmigrationでindexを作成する

mysqlでインデックスを追加するケースが多々あるかと思います。例えば以下のように、UNIQUEなど。

create table account(
  id INT AUTO_INCREMENT NOT NULL PRIMARY KEY,
  login_id VARCHAR(256) UNIQUE,
)

laravelではuniqueは以下のように書きます。

$table->string('login_id', 256)->unique();

簡単じゃーん!

Laravelで使用できるIndex
$table->primary(‘id’); 主キー追加
$table->primary([‘id’], ‘parent_id’);
$table->unique(‘email’); uniqueキー追加
$table->index(‘state’); 基本的なインデックス
$table->spatialIndex(‘location’); 空間インデックス追加


primary、uniqueは必須でしょうね。