Kubernetesをインストールしよう

[vagrant@localhost waymo-od]$ sudo yum -y install bash-completion tcpdump chrony wget git

[vagrant@localhost waymo-od]$ sudo vi /etc/yum.repos.d/virt7-docker-common-release.repo

name=virt7-docker-common-release
baseurl=http://cbs.centos.org/repos/virt7-docker-common-release/x86_64/os/
gpgcheck=0

[vagrant@localhost waymo-od]$ sudo yum -y install –enablerepo=virt7-docker-common-release kubernetes etcd flannel
読み込んだプラグイン:fastestmirror
File contains no section headers.
file: file:///etc/yum.repos.d/virt7-docker-common-release.repo, line: 1
‘name=virt7-docker-common-release\n’

ん?section headers?

sudo yum -y install –enablerepo=virt7-docker-common-release kubernetes etcd flannel

エラー: パッケージ: etcd-2.0.9-1.el7.x86_64 (virt7-docker-common-release)
要求: systemd
エラー: パッケージ: docker-1.6.2-4.gitc3ca5bb.el7.x86_64 (virt7-docker-common-release)
要求: systemd
エラー: パッケージ: flannel-0.2.0-7.el7.x86_64 (virt7-docker-common-release)
要求: systemd

kubernetesとは?

kubernetesとは?
-> 自動デプロイ、スケーリング、アプリ・コンテナの運用自動化のために設計されたオープンソースのプラットフォーム
-> Dockerコンテナをクラスタ化した際の運用ツール

– アプリを迅速に予定通りにデプロイ(コンテナをサーバー群に展開)
– 稼働中にアプリをスケール(稼働中にコンテナ数を変更)
– 新機能をシームレスに提供開始(稼働中にロールアウト)
– ハードウェアの利用率を要求に制限(コンテナで共存させて稼働率を高くする)

パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド
モジュール化、追加可能、接続可能、構成可能
自動配置、自動再起動、自動複製、自動スケーリング

管理上の基本単位はPodという
– volume: 記憶領域を共有するコンテナの集まり
– Container
– IP ADress

要するに、
– アプリを迅速に予定通りにデプロイ
– 稼働中にアプリをスケールする
ことができるらしい。。。