monoを使う

昔入れたmono、versionは4.8.0です。

[vagrant@localhost csharp]$ . /opt/mono/env.sh
[vagrant@localhost csharp]$ mono --version
Mono JIT compiler version 4.8.0 (Stable 4.8.0.495/e4a3cf3 Thu Feb 23 18:33:47 UTC 2017)
Copyright (C) 2002-2014 Novell, Inc, Xamarin Inc and Contributors. www.mono-project.com
        TLS:           __thread
        SIGSEGV:       altstack
        Notifications: epoll
        Architecture:  amd64
        Disabled:      none
        Misc:          softdebug
        LLVM:          yes(3.6.0svn-mono-/)
        GC:            sgen

cs

using System;

class MyApp {

	static void Main(){
		Console.WriteLine("Hello World");
	}
}

compileはmcs

[vagrant@localhost csharp]$ mcs MyApp.cs
[vagrant@localhost csharp]$ ls
MyApp.cs  MyApp.exe
[vagrant@localhost csharp]$ mono MyApp.exe
Hello World
using System;

class MyApp {

	static void Main(){
		string msg = "Hello csharp";
		Console.WriteLine(msg);
	}
}

定数:const string msg = “Hello csharp”;

visual studio

inputとtodoが多すぎて混乱してきた。
1.mongo DBを使ってanalyticsをつくる
2.c# + visual studioでazure cosmosDBに接続する
3.c#でアプリケーションをつくって、azureで公開する

-> c#、visual studioは基本から学ばなければならないので、習得しながら疑似GAの完成までもっていくには恐らく時間がかかりすぎる
-> azure + c# は慣れるまではもっと簡単なテーマ・アプリケーションから作りたい
-> まずは analyticsは VPS + PHP + mongoDB + chart.jsで作り上げる

よし、これで行こう!

mono-opt インストール

centOSによるC#の実行環境を整えるため、monoの公式サイトより、Linux向けインストールを実行します。

mono-project

cd /etc/yum.repos.d
yum install epel-release
wget https://copr.fedoraproject.org/coprs/tpokorra/mono-opt/repo/epel-6/tpokorra-mono-opt-epel-6.repo

yum install monodevelop-opt nunit-opt

. /opt/mono/env.sh
mono --version
[vagrant@localhost yum.repos.d]$ mono --version
Mono JIT compiler version 4.6.0 (Stable 4.6.0.245/746756c Sat Sep 24 06:33:41 UTC 2016)
Copyright (C) 2002-2014 Novell, Inc, Xamarin Inc and Contributors. www.mono-project.com
        TLS:           __thread
        SIGSEGV:       altstack
        Notifications: epoll
        Architecture:  amd64
        Disabled:      none
        Misc:          softdebug
        LLVM:          yes(3.6.0svn-mono-/)
        GC:            sgen

Monoのコンパイルコマンド

[vagrant@localhost csharp]$ mcs MyApp.cs
[vagrant@localhost csharp]$ ls
MyApp.cs  MyApp.exe
[vagrant@localhost csharp]$ mono MyApp.exe

iOS位置情報 API

ポケモンGOやってますか?
ボールが直ぐなくなってしまいますが、なんとかならないでしょうか?

さて、ポケモンGoにも出てくる位置情報ですが、どんな仕組みが気になりませんか?
AppleのDeveloper向けのサイトで、”Location and Maps Programming Guide“があります。
数時間で読めると思いますので、是非ご参照ください。
その中で、
Core Location framework, which defines Objective-C interfaces for obtaining information about the user’s location and heading
Maps app(Map Kit framework)
と記述があり、Core LocationというFrameworkがあることがわかります。
Core Locationはこちら
bullseye_view_2x

comの参照アカウント

参照アカウント方式では、参照された側が死活管理を行っています。
参照する際に、「参照します」と通知し、参照が終了した際に「参照が終わる」と送ります。参照カウントが0になったときに終了処理を実行します。「オブジェクトを参照する」という通知は、.NETにより自動的に行われます。

参照を減らすという通知がMarshal.ReleaseComObjectです。

Application app = null;
try
{
      app = new Application();
      app.DisplayAlerts = false;
      Workbook book = null;
      try
      {
         book = app.Workbooks.Add();
         ((Range)(Worksheet)book.Worksheets[1]).Cells[1, 1].Value =
      book.SaveAs(Filename: @"c:¥temp¥abc.xlsx");
      book.Close(SaveChanges: false);
      app.Quit();
      MessageBox.Show("finish");
      }
      finally
      {
           if (book != null) Marshal.ReleaseComObject(book);
      }
}
finally
{
           if ( app != null )Marshal.ReleaseComObject(app);
}